「炭火串焼き 中村屋」(学芸大学)の焼き鳥はジューシーで濃厚な味わい。学大では珍しい15時(もしくは16:30)オープン。早い時間から飲めます!

私が知る限り、今月だけで学芸大学に7軒の飲食店がオープンしました。今回訪れたのはその中の一軒です。

nakamuraya_01

学芸大学駅から徒歩3分ほど。西口商店街から少し入ったところにできた「炭火串焼き 中村屋」。もともと「楽助」という居酒屋が入っていた物件です。

nakamuraya_02

カウンター6~8席ほどの小さな焼き鳥屋。カオスだった「楽助」ですが、とてもきれいになりました。

お通し(500円)はボリューミーでうまい。こういうお通しはいいね。

ヱビスビール(小瓶)を飲みながら、焼き鳥が焼き上がるのを待ちます。

nakamuraya_03

“なかむー”こと店主・中村さんは直前、「鷹番ゴールデン酒場」で働いてらっしゃいました。この写真は表から撮影。外から炭台が見えるのってなんかいい。

nakamuraya_06

まずはレバーと正肉。正肉はももかな? とてもジューシーな焼き鳥です。「中村屋」の鶏は霧島鶏。(株)エビス商事(宮崎県)のブランドです。余談ですが、エビス商事のグループ会社のうちのひとつが居酒屋「とりビアー」。

レバーを食べていたら、ホロ酔いの隣の方が写真を撮ってくれました。

nakamuraya_05

神妙な面持ちでレバーの串打ち、焼き加減を観察する筆者。どんなw

一羽分丸ごと仕入れています。ですから、タイミングがよければメニューには載ってない希少部位もあるそうです。一見がいきなり頼むのはアレですが、何度か通ったら「なんかない?」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

さて、次はと。

「ペコロスってなんですか?」

「小さい玉ねぎです。3個串に刺してます。野菜は季節によって変えます」

「じゃあそのペコロスとつくねと……ん? 手羽元? 手羽元はさすがに串に刺さないですよね?」

「いえ、骨を外して肉だけを串に刺すんです」

へぇ。手羽元をそんな風にして食べたことはないな。頂いてみよう。

nakamuraya_09

ペコロスはとても甘みがあります。カツオ節ともよく合いますね。

nakamuraya_07

つくねは大ぶり。あえて粗めに挽いた肉が混ざっていて、食感が楽しいです。最後にショウガがきゅっと締めてくれる、とてもおいしいつくね。

nakamuraya_08

手羽元はこうして食べ慣れてないので、なんだか不思議。弾力があって、味わいが濃厚でうまっ。

別日に食べたせせり。巨大。「大きい方がジューシーに仕上がるから」とのこと。うまうま。

日本酒は「出雲富士」(富士酒造)一本。せっかくですから飲んでみましょう。特別純米本生原酒「夏雲(なつも)」。

nakamuraya_11

瓶も名前も爽やかですが、飲み口はまったり。米の甘みがしっかり出ている飲みごたえのあるお酒です。

それにしても、このコップ。持ち手部分は四角で口は丸。直線から曲線への滑らかなラインがとても美しい。造形がオシャレというだけではなく、薄くて軽い。口当たりがとてもいいです。まさに上の写真のごとくまじまじと見つめ、指先でコツコツ。

「このコップいいですね。薄いしオシャレだし」

「陶器なんです」

「どこのだろ」

「作家さんが作ってて、割れても金継ぎしてもらえるんです」

きん‐つぎ【金継ぎ】

割れたり欠けたりした陶磁器を漆(うるし)で接着し、継ぎ目に金や銀、白金などの粉を蒔(ま)いて飾る、日本独自の修理法。修理後の継ぎ目を「景色」と称し、破損前と異なる趣を楽しむ。現代では漆の代わりに合成接着剤を使うこともある。金繕い。

コトバンク > デジタル大辞泉 > 金継ぎとは

割れすらも美にするその精神。すてき。

nakamuraya_12

続いては宮崎の芋焼酎「ひとり歩き」(古澤醸造)。「八重桜」「摩無志(まむし)」が有名な蔵元です。「ひとり歩き」は初めて飲みました。芋の風味をしっかり出しつつもさっぱり。飲み口がいいのでスイスイいっちゃいます。

ジョイホワイトと説明してくれたのですが、公式サイトには黄金千貫と書かれています。たぶん公式サイトの記載ミスだろうなw

nakamuraya_10

こちらはサービスで頂いたスナップエンドウ。いい茹で加減だなぁ。サクっ。うま。

「学大にまた焼き鳥屋増やしちゃいました(笑) 焼き鳥屋だらけ」

そうおどける”なかむー”は気のいいあんちゃん。気さくでとても話しやすい人です。けど、学大に焼き鳥屋って多いかな。鳥おき、トリケン、鷹番ゴールデン酒場、炙や 89、とり竹、やきとり天国、彦一、大膳、恋文、鳥勇、きんか、おかもと家、串善、すみれ、炭屋五兵衛……多いかw

「ウチ、3時から11時までなんですよ」(※平日は16:30から)

「え? 学大だったら時間を後ろにずらしたほうがいいんじゃないですか?」

「物件の関係で12時までしかできなくて。あと、早い時間にやってるところって他にあまりないじゃないですか。浅野屋が閉店しますよね。早い時間から浅野屋に行ってるご年配方が行く場所をどうしようかって悩んでるらしくて」

「はは。浅野屋特需だw」

「中村屋」は一人ですから、メニューはそう多くはありません。焼き鳥と酒の肴が数種。確かにご隠居たちが夕方にやって来て、軽くつまみつつ飲むにはぴったりな店ですね。もちろん、若い人にとってもいいお店なんですがw

5年後、いや、10年後の「中村屋」を想像します。早い時間はおじいちゃん達がカウンターを占拠して、夜は若者で賑わって。あの白くて美しいコップはきっと金継ぎされて味わい深いコップになっているんだろうな。

炭火串焼き 中村屋
東京都目黒区鷹番3-15-18
営15:00~23:00(22:00L.O)
Facebookページ
※学芸大学駅からの行き方は2通り。(1)学芸大学駅西口商店街のauの角を左折。居酒屋「一杯だけ」の手前のたい焼き屋「目黒ひいらぎ」の前の路地 (2)学芸大学駅西口を出て左へ。交番の前、三井住友銀行の角を右折して、ひたすら真っ直ぐ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ