「49 Asian Kitchen + Bar (49 アジアン キッチン+バー)」(学芸大学)は辛い物やパクチーが苦手でも食べられる、優しいエスニック料理のお店です

49_01
49_02

学芸大学駅から徒歩1分、東口商店街沿いに2016年5月にオープンした「49 Asian Kitchen + Bar (49 アジアン キッチン+バー)」(49の読み方については後述)。気になってたし、「バーン・メイ」休みだし、「ソンクラン」は混んでるし、ちょうどいいタイミングです。行ってみました。

49_04
49_03

とても広い店内。テーブル席とカウンター席があります。

49_05

店前で配っていたアジアンビール300円券があったので、一杯目はシンハーにしました。

49_06

お酒を飲むとお通しが出てきます。数種類から選べるのですが、これはグリーンカレー。辛めでおいしいです。

49_07

一品目はパクチーサラダ。ゴマとナッツのドレッシングがいいですね。

49_08

よだれ鶏。蒸した鶏肉をスライスして、もやしの上に並べています。タレは辛いもの好きにとってはまったく辛くありません。辛いものが苦手な人にはちょっとピリ辛くらいかな? こちらもなかなか。

49_09

ガパオライス。半熟卵を割って混ぜ混ぜ。バジルも香ってこちらもおいしいです。

49_11

カウンター席の背後には、ワイン、焼酎、ウイスキー、ジンなど、さまざまなお酒のボトルがズラリと並んでいます。ボトルでも頼めるのだとか。

オーナーさんにいろいろ話をうかがいました。全部書いても大丈夫なんでしょうけど、具体的な固有名詞とかは伏せておきます。

「他にお店やってらっしゃるんですか?」

「いえ、ここだけです」

「この前はどこかでやってらっしゃったんですか?」

「ずっと飲食をやってきました。最初は某大手居酒屋チェーン店で。その後、海外でもやったりして、帰国してここに出しました」

なるほどなぁ。飲食経験が長いというのはメニューを見ればよくわかります。効率よく調理できるよう、うまく用意をしています。こうするとチャチくなりがちなんですが、そうでもない。よくできてます。

「『49』はなんて読むんですか?」

「読みたいように読んで頂いて構わないんですが、一応、私たちスタッフ間では『フォーナイン』と。私が49歳なもんで。お客様はいろいろ想像しておっしゃいますね。フォーティーナイナーズ(アメリカンフットボールのチーム)からだろうとか、『Asian Kitchen + Bar』がAKBだからAKB48に1を足したんじゃないかとか(笑)」

このオーナーさん、なんかいいですね。明るくて親しみやすくて楽しくて。とても素敵な方でした。

エスニックは好きなんだけど、辛いのは苦手、パクチーが苦手っていう人、結構多いですよね。そういう人にはもってこいの店じゃないでしょうか。辛いのが苦手でもパクチーが苦手でも、ここの料理ならおいしく頂けそうです。また、ハーフサイズがあったりもするので、女性二人とかでも利用しやすいかもしれません。

広いですから大人数でも大丈夫。カジュアルで誰でも食べやすいエスニック風メニューがメインなので、和でもワイン&肉でもない居酒屋っぽく利用できるお店に行きたい、そんな時にもいいんじゃないでしょうか。

49_10

ランチもやってるんですが、特に女性の評価が高いみたいですね。

49 Asian Kitchen + Bar (49 アジアン キッチン+バー)
東京都目黒区鷹番2-19-23 サンビームプラザ2F
080-4753-4970
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ