MEAT JOURNEY 2018

そば屋「さかえや/栄屋」(武蔵小山・学芸大学)はまるで自宅のリビングのような居心地。笑顔が素敵なお母さんお手製のそばとカツ丼を頂いてきました

学芸大学駅から徒歩15分強。武蔵小山駅からは徒歩10分強。都道420号線から一本入ったところ、ファミリーマート 目黒本町三丁目店の近くに「さかえや(栄屋)」というおそば屋さんがあります。学芸大学駅方面から行くなら、ファミリーマートから斜め左へ入っていく細い筋を行くとわかりやすいと思います。

sakaeya_soba_01

昼の2時頃だったでしょうか。店に入る前、外観を撮っていたら、ちょうどお母さんが”営業中”の札を下げようとしました。

「あ、もう終わりですか?」

「あら、大丈夫ですよ、どうぞ」

札はそのまま下げられました。

「すみません、中途半端な時間に」

「いえいえ。暑いわねぇ。こんな暑いとみんな出てきたくないのよね。息子がちょうど病院行ってて、ごめんなさいね」

店前を通ると、息子さんと思しき方、奥さんかもしれないくらいのご年齢の女性をよく見かけます。後にわかったことですが、お父さんが入院されていて、もしかしたら息子さんはお父さんの様子を見に行かれているのかもしれません。

sakaeya_soba_02

店内は6人掛けのテーブルが2つと、中型のテーブルが1つ。食卓って感じ。外観は比較的キレイですが、中は年季が入っています。

sakaeya_soba_04

今どきからすると、全体的に安いです。セットメニューはなさそうなので、単品で行きます。

「もりとカツ丼をお願いします」

「今から揚げるから時間かかるけど、暑いしゆっくりしていってね」

「ぜんぜんお気になさらず」

冷蔵庫は客席側に家庭用と業務用が2つ。家庭用冷蔵庫はデザインからすると30年は下らないだろうなぁ。

業務用冷蔵庫から粉の入ったバットやそばの入った木箱を厨房に持って行きます。そして、柄の長い杓子と猪口を持ってきて、冷蔵庫前で猪口にツユをそそぎます。いつもは厨房に出しているんでしょうけど、タイミングのせいかなんなのか、冷蔵庫にしまっちゃってたんでしょうね。杓子でもう一杯すくうとそのまま厨房へ。カツ丼に使うのでしょう。

まずはそばがやってきました。

sakaeya_soba_05
sakaeya_soba_06

かすかに湾曲している盆にお店の歴史を感じさせます。そばはきつく〆られておらず、コシはそれほどありません。ツユは甘めですが辛くはない。素朴でオーソドックスなそばです。

sakaeya_soba_07

そうそう、これ。よく見かけるんですよね。製麺過程でこういうのが出るんでしょうね。どこでどうなればこうなるだろう。面白いなw

そばを食べている間、厨房からはチリチリという油の音が聞こえてきます。タイミングを見計らっていたというわけでもないのでしょうけど、そばを食べ終える頃にカツ丼がやって来ました。

「お待たせしました」

sakaeya_soba_08
sakaeya_soba_09

卵の閉じ具合がちょうどいい。カツの衣はカリッとした歯ごたえを残しています。そしてツユだく。味は比較的薄めです。

カツ丼を食べているとご常連のお父さんがやって来ました。

「暑いねぇ」

「ビールでいい?」

「うん」

“営業中”の札は下げられていますが、暖簾は出ています。常連さんはいつでも来ていいのでしょうね。そういえば、ここはいっつも暖簾が出ているイメージだな。

「卵と豚肉とあと……うなぎがあるけど」

「じゃあ、うなぎ」

いいなぁ、こういうの。

パックのうなぎではありますが、ちゃんとお酒で蒸し焼きなさっていました。うなぎを出し終えたお母さんもテーブルにつきます。

「こちらはどれくらいになるんですか?」

「お店が始まって? 50年以上、55年くらいになるわよ。いつの間にかこんなに経って年だけ取ってね(笑)」

「たまに『さかえや』ていうおそば屋さんを見かけるんですが、どこかに総本家があったりするんですか?」

「いえいえ。店始める時、お父さんの兄が『オレの名前が栄だから栄屋にしとけ』って。他にもあるみたいだけど、ぜんぜん関係ないの」

適当w

「55年前だったら、まだこの辺りには川が流れてたりしました?」

「あっちね」

常連さんが加わります。

「そこは暗渠じゃなかったな。まだ川が流れてて。今じゃ遊歩道だけど」

あっちってどっちだ?w おそらくは羅漢寺川方面のことだろうな。品川用水が埋まったのは昭和20年代頃っぽいし。あまり細かく聞くのもなんですから、「そうなんですかぁ」と相槌を打つ程度にしておきました。常連さんから暗渠なんて単語が出てきたもんだから、「いや実は、わたくし暗渠が好きでして」みたいに言ってしまおうかと思ったけど、さすがにそれはねw

sakaeya_soba_03

テレビでは甲子園をやっています。お母さんがつけてくれていたのですが、厨房にいらっしゃる間にボリュームを20ほど下げました。それでも十分すぎる音量w 常連さんは東北を突き離しにかかる横浜にツッコミを入れています。うちわを扇ぎながらニコニコとテレビに目をやるお母さん。

こういう時間が好きだなぁ。なんか、”一員”になれてるって感じがして。私はというと、できるだけこの時間を引き延ばすべく、ゆっくりと残りの浅漬けをつまみます。仕事がなけりゃキュっといくんだけどな。ご常連の瓶ビールがうらめしい。

お母さんの笑顔に送られ表に出ます。あっつ。うだるような暑さ。やっぱいっとけばよかったか?

さかえや
東京都目黒区目黒本町3-20-1
03-3711-1397
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ