三軒茶屋・下馬のカフェ「KOLM(コルム)」(世田谷観音)はなんだか居心地がよくて、「FUGLEN」(ノルウェー)のコーヒーもハンドメイドのストロベリーレアチーズケーキもおいしかったです

1日目(土曜日)のKOLMは穏やか。テイクアウトしてみた

kolm_01

三軒茶屋駅から徒歩15分、学芸大学駅・祐天寺駅から徒歩20分。明薬通りと野沢通りが交わる世田谷観音交差点近くに2016年5月、「KOLM(コルム)」というカフェがオープンしました。

存在自体はオープン前、工事をしている時から知っていました。カフェを利用することがほとんどないので、これまで来たことがなかったのですが、昨日の土曜日、たまたま付近を通り、歩き疲れ始めた連れがアイスコーヒーを飲みたいと言い出しました。だったら、ちょっと前にできたカフェがあるから行こうかと。

kolm_04
kolm_02

店内はシンプルなんですがオシャレ。店主と思しき男性は豆を粉にして、カップにセットしてあれこれしています。コーヒーに関してはずぶの素人なので、何をやっているのかはよくわかりません(^^;

kolm_05

テイクアウトで頼んだアイスカフェオレ。三軒茶屋駅方面へ歩きながら、何口かもらいました。濃厚で、だけど少し酸味のある味わい。うん、素人だから感想はシンプルです。おいしいじゃんw

帰って調べてみました。

「KOLM」はエストニア語で「3」という意味。三軒茶屋で3人が共同でオープンさせたから、とのこと。ノルウェーのオスロに本店がある「FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)」というカフェの豆を使っているのだとか。

ちなみに、オスロは世界最高品位のコーヒーが飲める街として有名だそうで、1963年創業の「FUGLEN」はオスロでも有数の人気店。その海外進出一号店「FUGLEN TOKYO」は渋谷にあります。

※fuglenはノルウェー語で鳥

kolm_13

「KOLM」の店内では、さまざまなグッズとともに「FUGLEN」のコーヒー豆も売っていました。

kolm_03

「一杯のコーヒーから生まれる『その先』を楽しみに来てほしい」

とは「KOLM」店主。ちょくちょく前を通るのですが、曜日、時間によっては人がいっぱいいます。近隣にはお店があまりないし、駅までは少し距離があるし、こういうお店はいいでしょうね。そして、上記のような店主の考え方も人を引き付けているのかもしれません。

参考・引用元:三軒茶屋経済新聞

2日目(日曜日)のKOLMは大盛況。女の子でいっぱいだった

kolm_12

さて、調べている最中に「KOLM」のFacebookページでストロベリーレアチーズケーキの写真を見つけました。こいつがうまそうだったので、翌日も一人で来てみました。

kolm_08

日曜日の15時。パソコンを持ち込んでいる若者が5人、何かの打ち合わせをしている若者が2人。一番端の客と店主はタメ語で話してます。向かいの4人掛けテーブルには「Reserved」という札が置かれています。常連も多いんだろうな。

kolm_06

メニューは多くありません。今日もカフェオレにしました。甘いコーヒーが好きなんですw そしてお目当てのストロベリーレアチーズケーキも。

kolm_09

まずはカフェラテ。もちろん味自体は昨日と同じ。まず苦味とコクを感じます。そして、ガムシロップが強くなると、甘みと共になぜか酸味が表に出てきます。けど、この酸味は決して嫌な感じではありません。コクをスッキリさせるような印象です。コーヒーに疎い人間の書く説明がどれほどひどいか、ええ、自覚しとりますよw

続いてストロベリーレアチーズケーキ。

kolm_10

めっちゃうめぇ。まじうまい。なにこれ。チーズ感はそれほどありません。クリーミーで甘くて、底の生地はサックサク。添えられたベリー的なものは冷凍されています。シャクっ。シャーベットみたい。聞いたところ、すべて自分のところで作っているのだとか。これならホールで食える。否、ホールで食いたい。チビチビ食べるのが正解なのかもしれませんが、うますぎて、ラーメンを平らげるかのごとく、一気に食べきってしまいました。

おやぁ。パソコンを叩いていた二人が出ていく際、あっちの打ち合わせ風の内の一人が「ありがとう」と声をかけたな。てことは、彼と店主が”KOLM”の内の2人ってことか?

さっき女の子がやって来たと思ったら、また女の子が二人。さらに女の子がテイクアウトでやってきて、若めの夫婦が小さな子供を抱えて入って来ました。大人気。

たぶん、いい空間なんだろうな。いや、私にとってもそうだ。だって、カフェに興味のない人間が二日連続で来ちゃって、また来てもいいなって思えてるんだもん。

「店内は誰もがフラットに関わり合い、話せるように、厨房(ちゅうぼう)と客席の床の差をなくした」

引用元:同上

うん。確かにそう。店主の顔も、他の客の顔もよく見える。別に何か具体的に言葉を交わしたわけではないんだけど、なんか温かい。居酒屋であろうが中華であろうがカフェであろうが、結局、”人”が感じられる店が好きなんだよなぁ。

kolm_07

店に入って1時間くらいが経ちました。よし、世田谷公園でやってる和田ちゃんたちの野球の応援に向かうかな。パソコンをシャットダウン。

kolm_11

そう、実はここまで、すべて「KOLM」で書いていました。先ほど来、店内の様子を書いてきましたが、ほぼ実況中継。店にいながら店のことを書くという初の試みでしたw 以下は帰ってから書いてます。

「KOLM」のコーヒーはおいしかったし、ケーキも絶品でした。でもそれ以上によかったのは、なんだかよくわからないけど、私にとって居心地がいいということ。煮詰まって気分転換したい時、また行くだろうなぁ。wi-fiも電源もあるしねw

KOLM(コルム)
東京都世田谷区下馬3-38-2
食べログ
※レンタルスペースとしても利用可

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ