三軒茶屋の屋台のような「たこ焼き たこ益」。たこ焼きのソースは独特なスパイシーさがあって、お酒に合う味わいです。

takomasu_01

三軒茶屋駅前は国道246号線、世田谷通り、茶沢通りで4叉路になっています。246から枝分かれするように西へ世田谷通りが伸びているのですが、246と世田谷通りに挟まれた一帯には多くの飲食店が密集していて、通称”三角地帯”などと呼ばれています。

交差点にはビッグエコーがあって、そこから246を南西へ向かうと、右手、三角地帯の中を目指す路地が数本伸びています。手前からエコー仲見世(筋2本分)、三茶3番街、ゆうらく通り、なかみち通り。なかみち通りの角にはドン・キホーテ ピカソ三軒茶屋店があります。そして、このなかみち通りが”三角地帯”のある意味、底辺です。

今回ご紹介するお店は、なかみち通りにあります。246からなかみち通りを入り真っ直ぐ行くと、居酒屋「味好亭」の先の右手の角に見えるのが「たこ焼き たこ益(たこます)」。正面のちゃんぽん屋「長崎」が有名ですね。

「たこ焼き たこ益」のあった場所はもともと、たい焼きやフランクフルト、たこ焼きなどをやっていた「茶々」というお店でした。ここを引き継ぐかのように、2014年、「たこ焼き たこ益」となります。すぐ近く、ゆうらく通りの「大阪串カツ 大益(だいます)」の姉妹店で、経営しているのは株式会社 issen(イッセン)。おそらく、店舗としてはこの2軒だけ。

10年は大げさかもしれませんが、相当前に食べたことがあります。ただ、その時は「茶々」だったのでしょう。「たこ焼き たこ益」は今回が初めてです。

takomasu_02

まるで屋台のような外観。店前にはカウンターと椅子があり、ここでも食べられます。

takomasu_03
takomasu_04

たこ焼きは数種類あって、他にも、ます焼き、たませんなどのオリジナルメニューがあり、お酒を含むドリンクもあります。

初めてなのでオーソドックスにソースのたこ焼きをお願いしました。

takomasu_05

中ぶりの普通サイズ。もしかしたら超絶熱いかもしれませんが、最初はひと口でいっちゃうのです。たこ焼きに対する私の勝手な礼儀として。どんなw

takomasu_06

口にした瞬間「んも」。「あ」と言ったつもり。この味……。詳しくはあとで書きましょう。

モチトロです。それほど強くはないモッチリ感がありつつ、中心がかすかにトロ。焼きたてではありませんでしたが熱々。焼きたてだったら、トロみがもう少し強いのかもしれません。タコのサイズは普通。

とてもおいしいです。おいしいのですが、このソースが独特です。先ほど「んも」と声を漏らしたのもそのせい。店主に聞いてみました。

「ソースが独特ですね。すごくスパイシーです」

「そうですね。スパイシーですね」

深く追求するのはやめておこう。こういうのは大概、秘伝というかね。

で、単に独特だから声を漏らしたわけではありません。この味、一瞬にして、”アレ”を思い出させるのです。学芸大学の「暖談(だんだん)」のオムライス。とみーさんのオムライスも独特なソースなのですが、そのソースにとてもよく似たスパイシーさです。なんなんだろうな。一度口にしたら絶対に忘れられない味です。

takomasu_07

その日行ったのは20時とか21時とかだったかな。別に飲んだあとってわけではありません。でも、飲んだあととか、飲みながら食べるともっといいかもなぁ。お酒に合う味わいだと思います。

すぐ先の「肉のハナマサ 三軒茶屋店」(都立大店より品ぞろえが断然いい)にちょくちょく行くので、「たこ焼き たこ益」の前もよく通ります。今度はビールでも飲みながらつまんでみよう。

「たこ焼き たこ益」で食べたことがあるかた、この記事を読んで食べてみたかた、ぜひご感想をお聞かせ下さい。どうなんでしょう。あのソース、結構スパイシーで独特ですよねぇ。

たこ焼き たこ益(たこます)
東京都世田谷区三軒茶屋2-14-3
03-5431-3373
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ