「Bar Songbird(ソングバード)」(学芸大学)は広くてオシャレ。ソファーもあってゆったりで、学大では珍しい感じ。一人でも大人数でも利用できる心地のいいバーです。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街沿い、100円均一ショップ「Can★Do(キャンドゥ) 学芸大学店」の上に2017年2月25日、「Bar Songbird(ソングバード)」がオープンしました。 前日にプレオープンしてい […]

バー「一路(いちろ)」は学芸大学の夜に揺らぐ帆船。色気のある伝説のマスターが作る酒はめっぽううまく、優しくて穏やかな時だけがここに流れていました。

深夜0時。いつもの通り、学芸大学で2軒ほど回り、これまたいつもの通り、よく行くバーを目指します。相変わらず「関本恭平」は客が入ってるなぁ。「うたげカフェ」からも賑やかな声が聞こえてくる。お、まだ「外海」の看板に明かりがつ […]

学芸大学のバー「Cafe & Bar Blue Reef(ブルーリーフ)」のジントニックはオリジナリティ溢れる逸品。シックで落ちつく雰囲気ですが、堅くなくてくつろげます。緊張感を抱かせないってのがいいバーテンダーなんだなぁ。

学芸大学駅から徒歩5分。東口商店街を抜けて都道420号線(バス通り)とぶつかる交差点にあるバー「Cafe & Bar Blue Reef(ブルーリーフ)」。学大随一との評判を何かにつけ、いたるところで聞き及びま […]

学芸大学の「おっぱいラーメン」こと「ラーメンBAR スナック 居酒屋」はキワモノじゃない。サバサバした気持ちのいいリーダー・貴子ちゃんの人柄に惚れて客が集まる、至極まっとうな素晴らしいバー・居酒屋。おっぱい以上のものがここにはあります

知らない人はこう言います。 「おっぱい行ってみようぜ」 知ってる人はこう言います。 「貴子ちゃんとこ行こうぜ」 貴子ちゃんをおっぱい呼ばわりすることが失礼とかそういうことではありません。そうではなく、一度でも行けばわかる […]

初めてでもこれで安心!「学大はしご酒祭」に関するよくある質問と答え~チケット購入の仕方から店選び、当日の参加方法までをわかりやすく解説!

学芸大学駅界隈では毎年、4月と10月に「学大はしご酒祭」が開催されます。学芸大学付近にお住まいであれば耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。ただ、知ってはいるもののまだ参加したことがないという方も多いような。 […]

駒沢通り沿いの「ゴールデン(GOLDEN)」(学芸大学)はレトロで楽しいバー。かわいらしい店長との会話も弾みます

「やとんの隣にバーができたよ」 学芸大学の居酒屋「やとん」によく行っている方からそんな話を聞いたのが数週間前。確か隣はスナックだった物件だよなぁ。機会を見つけて行ってみました。 学芸大学駅から徒歩5分。駒沢通り沿い、居酒 […]

学芸大学駅周辺の”怪しいビル”には面白いバー、スナック、飲食店がいっぱい!勇気を出してレッツゴー!~学大5大飲食ビル完全後略マップ

学芸大学駅周辺には高いビルがそれほどありません(理由はいくつかあるようですが)。ですから、飲食店が何軒も入っているような、いわゆる”飲食ビル”も多くありません。そのせいでしょうか、数少ない飲食ビル […]

学芸大学・十字街の「BAR VINE(ヴァイン)」は狭いんだけどお酒が結構そろっていて、ほのかに昭和モダンの香りもする、とても落ちついたバーです

学芸大学の夕暮れ時。週末だからか飲食店はどこも混んでいます。どうしたものか。あてどなく歩いていたら、十字街で赤い光が目に入ってきました。あ、そういえば「246(にょろ)」の下にバーができたんだっけか。メシも食わずにいきな […]

「Cafe&MixBar cross(クロス)」(学芸大学)は面白いヤツらやかわいい子がいる、カラオケもあるハイテンションな楽しいバーです

昨年の暮れ、学芸大学の老舗スナック「いのうえ」が閉店すると界隈で噂が持ち切りでした。と同時に「いのうえが閉店する次の日には新しい店が入る」とも噂が流れ、まじですかと。 明けて2016年1月中旬、「いのうえ」が閉まった翌々 […]

学芸大学のバー「CHIKABA(チカバ)」はダーツがあって、気のいい素敵なマスターがやっている、碑文谷からは近場の地下のバー

最近、「楽生茶屋」や「Bar BULLBULL」などで、学芸大学のバー「CHIKABA(チカバ)」のマスター・ゴウさんと顔を合わせることがありました。いつかは行こうと思っていたのですが、これもいいきっかけ。お会いしてから […]