MEAT JOURNEY 2018

お米屋さん「愛米家本舗(あいまいやほんぽ)」(学芸大学)のおにぎりは米一粒一粒がしっかりしていて、握り加減、味付けも絶妙。おいしすぎて一瞬で食べきってしまいました~カブトエビ農法について聞いてみた

学芸大学駅から徒歩15分弱。中央中通り、清水商店会の南端近くに「愛米家本舗(あいまいやほんぽ)」というお米屋さんがあります。店頭に「カブトエビ農法米」というのぼりが立っていて、前を通るたび、いっつも「何だろう」と・・・

MEAT JOURNEY 2018

まとめサイトが教えてくれない学芸大学で食べるべき10の料理~学大で350軒を食べ・飲み歩いた人間によるリアルでガチな学大グルメキュレーション

「学芸大学の○○なお店10選」みたいな"記事"がよくあるじゃないですか。けど、なんかイマイチだったり、まったく見当違いだったり、似通っていて面白くなかったりってことが多くありません?というわけで。ネット情報を適当・・・

MEAT JOURNEY 2018

二葉フードセンター/目黒本町市場(平和通り商店街)の全店紹介&カオスな建物をじっくり観察~素敵な商店がいっぱい詰まった、楽しくも摩訶不思議な武蔵小山・西小山の昭和的ストアーを徹底解剖!

昭和を背負いつつ今なお元気な二葉フードセンター武蔵小山駅から徒歩10分弱、西小山駅から10分強。学芸大学駅からだと20分ほど。平和通り商店街に「二葉フードセンター」という"ストアー"があります。地元の方々は「目黒・・・

MEAT JOURNEY 2018

二葉フードセンター内「天麩羅 天吉(てんきち)」(武蔵小山・西小山)の弁当はとてつもない量でうまい!溢れんばかりの鳥唐、惣菜、ご飯はカオスでフラクタル。

平和通り商店街にある二葉フードセンター。武蔵小山駅から徒歩10分弱、西小山駅から10分強。学芸大学駅からだと20分ほどです。この風情、いいでしょ? 電線がカオスw 戦後、高度経済成長、バブル期と、どんどん増え続け・・・

MEAT JOURNEY 2018

鳥肉専門の精肉・惣菜店「鳥岡(とりおか)」(武蔵小山・西小山)の鳥の唐揚げとてりやきを買って、てりやきをサンドウィッチにしてみました~二葉フードセンターのカオスっぷりと鳥岡チェーンの謎

武蔵小山駅から徒歩10分弱、西小山駅から10分強。学芸大学駅からだと20分ほどかかりますが、目黒本町あたりにお住まいであれば楽に徒歩圏内。平和通り商店街にある二葉フードセンター。大好きです。何が好きって、楽しい商・・・

MEAT JOURNEY 2018

「江戸しゃり」は寺門ジモンさんがプロデュースする松阪牛ちらし寿司専門店!「食べるために生きる男寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り」(松坂屋上野店)に2016年も出店します!

ダチョウ倶楽部・寺門ジモンさん厳選のおいしいお店が集う「食べるために生きる男寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り」が、2016年10月26日(水)から11月7日(月)まで、松坂屋上野店で開催されます。このグルメ祭り・・・

MEAT JOURNEY 2018

蛇崩の大山どり専門精肉店「鳥昌」(祐天寺)のチキンロールは鳥のうまみを最大限に引き出す絶妙な味付けでした~橋本酒店と鳥昌の蛇崩晩酌セットが織りなすアウフヘーベン

先日、蛇崩の橋本酒店で「Espresso Beer 目黒」を買った際、ビールに合わせるつまみも一緒に購入していました。購入したのは橋本酒店の並びにある鳥昌です。祐天寺駅から徒歩10分強、野沢通り沿い、蛇崩交差点に・・・

MEAT JOURNEY 2018

「市川精肉店(中村屋食品センター内)」(学芸大学・祐天寺)のとんかつも煮物もコロッケも本物。弁当の域を越えたごまかさない料理は下馬の人々を魅了する宇宙です/絶滅寸前の昭和のストアー

「行きたい店リスト(行ってない店リスト)」を作ってます。店名を羅列しただけのリストですが、外食はできるだけここから選ぼうとしています。今回の昼食もリスト中の一軒。学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。東京学芸大学・・・

MEAT JOURNEY 2018

「関商店」(学芸大学・祐天寺)の手づくり豆腐は風味豊かで、豆乳ゼリーもプルプルで濃厚。大豆の味がしっかりと感じられるおいしい豆腐・豆乳でした

朝5時半に目覚めて小腹が減って、さてどうしよう。こんな時間にやってると言ったらコンビニか松屋か……。あ。学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩10分。中央中通りと油面通りが交差するところにある豆腐屋「関商店」。豆腐屋は朝が・・・

MEAT JOURNEY 2018

「味楽(あじらく) 目黒店」(学芸大学)のラーメン&チャーハンは豪快かつシンプルでうまい。常連さんがワイワイできる街場の中華屋は地域の大切なコミュニティです。

「東軒」(学芸大学)の前を通ると、毎晩のように常連さんがカウンターを埋め、あきらさん、マスターを交えて談笑しています。街場の中華屋さんは単なる飲食店ではなく、一種のコミュニティになってるんですね。お酒が入って少々騒い・・・