「ル・ビリーヌ(Le blé et l’eau)」(学芸大学・祐天寺)は小麦と水と酵母にこだわった素朴なパン屋さん。フワフワでもっちり、しっとりしたパンはどれもおいしかったです。

学芸大学駅から徒歩15分弱、祐天寺駅から15分ほど。中央中通り沿い、清水商店会に「ル・ビリーヌ(Le blé et l’eau)」というパン屋があります。2017年6月1日にオープンしました。 「Le blé …

「シニフィアン シニフィエ(Signifiant Signifie)」(三軒茶屋/世田谷公園前)のバゲット ジャポネーズと40時間発酵バゲットは高いだけあっておいしかったです。

三軒茶屋駅から徒歩10分強。池尻大橋駅から15分。学芸大学駅からは30分ほどかかるので、ちょっとしたいい散歩になりそうな距離。下馬一丁目交差点からだと5分強です。世田谷公園のメインの入口のすぐ近く、ほぼ三宿通り沿いにある …

丸栄ベーカリーこと「MEGURO Maruei」(学芸大学)は地域に長年愛され続けている街場のパン屋さん。カレーパンとメンチカツサンドはボリューミーで懐かしい味わいでした。

【町場(まちば)】人家や商店などが多く、町になっているところ。市街地。「町場に出る」 goo辞書より 「ちょうば」と読むと違う意味になりまして、そのためでしょうか、辞書には載ってませんが「街場(まちば)」とも書かれます。 …

食パン専門店「一本堂 目黒学芸大店」(学芸大学)の食パンはフワッフワでしっとりモチモチ。そのままでも十分おいしいのに、無駄にクラブハウスサンドウィッチ風を作ってみましたw

学芸大学駅から徒歩4分。五本木交差点へ向かう通り(都道420号線)沿い、そば「いしおか」の隣に「一本堂 目黒学芸大店」があります。2017年2月10日にオープンしました。 訪れたのはオープン5日目。店内は3名も入ればいっ …

「パオン昭月(しょうげつ)」(駒沢大学)の期間限定・生クリームあんぱんがおいしいのはもちろん、ソーセージフライパンがとてつもない逸品でした~孔雀が羽根を広げるかのごとき愛を感じさせてくれるパンとお父さん

なぜこういう風景に心が惹かれるのでしょうね。 駒沢大学駅から徒歩10分弱。駒沢交差点から駒沢公園通りを100mほど北上したところに「パオン昭月(しょうげつ)」というパン屋さんがあります。オシャレな今どきのパン屋ではなく、 …

「La Boulangerie Pure(ラ・ブランジェリー・ピュール)」(学芸大学)のパンは味わいがしっかりとして贅沢気分が味わえるパン。パーティーやお土産にも最適です。

学芸大学駅の高架下は飲食店が集まる「学大横丁」、改札前の東急ストア、生鮮食料品店が集まる「学大市場」、その他サービス業・雑貨店等が集まる「学大小路」が連なっています。これらを総称して「GAKUDAI KOUKASHITA …

「しいの実社」(学芸大学)のパンはボリューミーで、何気に力強くてパンチがあって、食べごたえがあります。なのに安いからコスパもいい!

学芸大学駅から徒歩3分ほど。東口商店街沿いに「しいの実社」というパン屋があります。隣は大人気ラーメン店「びぎ屋」。 パンの種類が豊富です。目移りしてしまうのですが、初めてだったのでオーソドックスにバゲット、カレーパン、ソ …

簡単!激ウマ!ピンク色の柔らかいローストビーフの作り方~フライパンと鍋だけでローストビーフ丼、ローストビーフサンドを作ってみた

今回はローストビーフの作り方。超簡単。ほんと。 フライパンで焼く→鍋でボイル→冷ます→カット ざっくり言うとこれだけ。簡単でしょ? 簡単なのにこれが超うまい。まじでうまい。 誰でも簡単に作れてしまう、シンプルなんだけど激 …

「碑文谷ベーカリー(碑文谷製パン)」(学芸大学・武蔵小山)は昭和17年創業なのにカレーパンは新食感。タマゴパンもシンプルで最高でした/碑文谷ベーカリーを取り囲む品川用水、羅漢寺川。暗渠化された水系を巡ってみた

朝、自転車で走っていますと。 おっとっと。やってるやってる。時間には余裕があるし買ってみよう。 学芸大学駅、武蔵小山駅から徒歩15分弱。都道420号線(補助26号線)沿いにある「碑文谷ベーカリー(碑文谷製パン)」。レトロ …

「PANTECO(パンテコ)」(駒沢大学・野沢)のパンは変幻自在。主張しない特徴のなさはむしろ武器。料理を引き立たせるパンです~火垂るの墓、サクマ(式)ドロップス、目黒本町、パンテコと繋がる歴史の糸

「火垂るの墓」というアニメ映画(原作:野坂昭如、監督:高畑勲、制作:スタジオジブリ)はみなさんご存じでしょう。「火垂るの墓」といえばサクマ式ドロップスです。 1908年(明治41年)、佐久間惣次郎商店が創業します。創業間 …