学芸大学の「ばりき屋」は刺身とおでんがウリの和食居酒屋で、ダシのきいた料理はどれも絶品。グッと距離を詰めるインファイトな接客に、客も思わず釣られて元気になります

学芸大学駅から徒歩1分。東口の恭文堂書店を右折した先、飲食店が建ち並ぶ筋の突き当りに「ばりき屋」というお店があります。2017年8月3日にオープンしました。オープンする数週間前、内装工事中の店頭で、たまたま店主と・・・

「福長(ふくなが)」(都立大学/柿の木坂)のとんかつは上品で繊細。丁寧に仕事が施されたロースかつは柔らかく、シャキシャキのキャベツもおいしかったです。

目黒通りの都立大学駅前交差点から北へ伸びる、環七・野沢交差点へと続く道は柿の木坂通りと呼ばれています。都立大学駅前からパーシモンあたりまでは飲食店を含む商店が軒を連ねていますが、パーシモンを越えた先は基本的に何もありませ・・・

日高食品/日高本店の「ふく茶漬/ふぐ茶漬」はおいし過ぎて、お茶漬けだけで終わらすのがもったいないレベル。うどんやパスタにしてみたら、とんでもなくうまかった~ご飯に合うものはパスタ、うどん、パン、何にでも合う。これすなわち炭水化物等価交換の法則

山口県出身の子が地元へ帰った際、お土産にこんなものを買ってきてくれました。日高食品/日高本店(山口県下関市)の「ふぐ茶漬」。さっそく頂いてみます。お湯かお茶を注ぐのですが、お湯にしました。お茶がなかったのでw・・・

痛風蒸しが激やば!寿司屋「空海」(都立大学)のコースはとてつもない量で、クオリティは高く、お手頃価格。潔さとパンチを感じさせる料理の数々には職人の思いが乗っていました。

誕生日に私をどこへ連れていくかというのは、私の連れにとっては難儀だそう。できれば学芸大学界隈で私が行ったことのない店。これが私の条件です。「んなの知らねーよ」と言いたくもなるでしょう。で、実際に連れて行ってくれたのが・・・

「きこり食堂」の豚肉じゅうじゅう焼定食は祐天寺の誇り。祐天寺住人が胸を張って自慢する逸品に感動しました/花屋と豆腐屋。祐天寺のふたつの関商店の謎が解けた

学芸大学の某バーで飲んでいたら、祐天寺界隈を地元とする男女三人組と隣になりました。三人は同級生。歳は私の2つ下。一人(男)はよく知っています。二人(女)は初体面。話を聞いていたら、女性の一人は実家が飲食店をやっている・・・

モツ鍋のモツって何のモツ?どこで購入できるの?初めて自宅でモツ鍋パーティーをするための基礎知識~モツの基本からモツ鍋の作り方までをわかりやすく解説してみました

鍋が恋しいシーズンになりました。晩御飯に鍋をしたり、あるいは友達と鍋パーティーをする機会も多くなるんじゃないでしょうか。けど、毎度毎度、普通の寄せ鍋やキムチ鍋じゃあつまらないですよね? たまには家でモツ鍋なんてどうで・・・

円融寺通り沿いにある「食堂 大門(だいもん)」(西小山)のオムライスはまるで”おくるみ”のようにきれいで優しいオムライス。安定感があって他の料理への期待を高めます

目黒郵便局と東急バス目黒営業所(大きな東急バスの車庫)の間から南、西小山・洗足方面へと伸びる道を円融寺通りと言います。目黒車庫前交差点から円融寺通りを南下すると、都道420号線(補助46号線)をまたぎ、例の五叉路、立会川・・・

「市川精肉店(中村屋食品センター内)」(学芸大学・祐天寺)のとんかつも煮物もコロッケも本物。弁当の域を越えたごまかさない料理は下馬の人々を魅了する宇宙です/絶滅寸前の昭和のストアー

「行きたい店リスト(行ってない店リスト)」を作ってます。店名を羅列しただけのリストですが、外食はできるだけここから選ぼうとしています。今回の昼食もリスト中の一軒。学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。東京学芸大学・・・

「居酒屋 三盃(さんばい)」(中目黒)はチャラそうに見えて実は硬派。LDHが手掛ける和食系居酒屋はオシャレで料理は本格的です。デートや女子会にも最適

BABYMETAL@東京ドーム(2日目)当たりました(TT) それは置いといて、随分前の話になってしまうのですが。学大仲間と某所へ飲みに行った帰り、人身事故で東横線が止まってしまいました。復旧のめどは立っていません。・・・

「関商店」(学芸大学・祐天寺)の手づくり豆腐は風味豊かで、豆乳ゼリーもプルプルで濃厚。大豆の味がしっかりと感じられるおいしい豆腐・豆乳でした

朝5時半に目覚めて小腹が減って、さてどうしよう。こんな時間にやってると言ったらコンビニか松屋か……。あ。学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩10分。中央中通りと油面通りが交差するところにある豆腐屋「関商店」。豆腐屋は朝が・・・