「J系ラーメン 豚五郎」(学芸大学)の二郎ラーメンを食べて来た~二郎系(?)と横浜家系(?)の2種類があるラーメン屋で、昼は半ライスがおかわり自由

学芸大学駅から徒歩30秒。東口を出て、八百屋「ボラボラ」の角を曲がった路地に「J系ラーメン 豚五郎」というラーメン屋ができました。本当は二郎が好きなジロリアンに行ってもらって、感想を聞いてから行こうと思っていたのですが、 […]

「やきそば専門店 ぼんの」(学芸大学)のソース焼きそばは甘めでモッチリ。ガッツリしてるんだけど、しつこくないからどんどん食べ進められます。

学芸大学駅から徒歩2分、東急東横線の高架下・学大横丁に、2017年1月24日(たぶん)、「やきそば専門店 ぼんの」がオープンしました。うそかほんとか、世間はちょっとした焼きそばブームだそうで。ただ、詳細は後述しますが、同 […]

「元祖博多 中洲ラーメン屋台 一竜 学芸大学店」で豚骨ラーメンを食べて来た~福屋ビル1階の店舗の変遷とガーデングループについて

学芸大学駅から徒歩30秒。西口商店街沿いにオープンしたラーメン屋「元祖博多 中洲ラーメン屋台 一竜」。2016年12月26日のオープン日から数日経った頃、行ってみました。 ラーメンについては後ほど紹介するとしまして、まず […]

「麺LABOひろ」(学芸大学・五本木)の清湯ラーメンは事件です。濃厚な鳥と風味豊かな魚介のスープ、コシのある麺、うまみが凝縮したレアチャーシューはどれも極上。このラーメンには人を惹きつける何かがあります。

学芸大学駅から徒歩7分。祐天寺駅からは徒歩10分。五本木交差点の少し先、五本木通り(三宿通り)沿いに2016年12月5日にオープンした「麺LABOひろ」。オープン前後からラーメン業界では噂になっていたラーメン屋です。 店 […]

「海新山(かいしんざん)」(学芸大学・五本木)の不思議おいしいラーメン&餃子はコラーゲンがたっぷりで、お母さんの優しさとこだわりが溢れ返っています。

テレビや雑誌でよく紹介されるお店が学芸大学駅界隈には何軒かあります。その内の一軒が「海新山(かいしんざん)」。 学芸大学駅から徒歩約7分、祐天寺駅から徒歩10分弱。駒沢通り・五本木交差点のすぐ近くにあります。学芸大学駅か […]

学芸大学の「おっぱいラーメン」こと「ラーメンBAR スナック 居酒屋」はキワモノじゃない。サバサバした気持ちのいいリーダー・貴子ちゃんの人柄に惚れて客が集まる、至極まっとうな素晴らしいバー・居酒屋。おっぱい以上のものがここにはあります

知らない人はこう言います。 「おっぱい行ってみようぜ」 知ってる人はこう言います。 「貴子ちゃんとこ行こうぜ」 貴子ちゃんをおっぱい呼ばわりすることが失礼とかそういうことではありません。そうではなく、一度でも行けばわかる […]

「毎度屋(まいどや)」(武蔵小山)のラーメンを久々に食べ、その変化に店の底力を感じました。昼からクダを巻ける店があるってのはありがたいものですねぇ。

都道420号線(補助26号線)と平和通りが交差しているのが目黒本町5丁目交差点。そのすぐ近くに「毎度屋(まいどや)」というラーメン屋があります。 店頭の黄色いテントが目立ちます。ただ、「ラーメン専門店」「毎度屋」という文 […]

名店の遺伝子を継ぐ「香湯ラーメン ちょろり 目黒店」(学芸大学)のスープは香ばしくて甘く、どんどん進みます。時間とともに変化するチャーシューもいい!

学芸大学駅、祐天寺駅、武蔵小山駅から直線距離ならほぼ同じ。歩くとそれぞれ15分強、20分弱、20分弱という位置。目黒通り沿いにある「香湯ラーメン ちょろり 目黒店」。「ステーキハウス リベラ 目黒店」の並びです。 店先の […]

「じゃじゃおいけん 三軒茶屋本店」のじゃじゃ麺は自分好みの味を探求する錬金術。麺と肉味噌をかき混ぜ、調味料を加え、卵を割り入れる一連の流れは、じゃじゃ麺に認めてもらうためのイニシエーションです

夜になっても収まり切らない二日酔いの体が濃厚な麺を欲します。そこで自転車を飛ばして「中華そば ふくもり」へ。けど……定休日。こうなりゃ意地です。「じゃじゃおいけん」まで行ってしまえ。 三軒茶屋駅から徒歩5分強。国道246 […]

「中華そば ふくもり」(駒沢大学・野沢)の魚介系ラーメンは濃厚で思い返すだけで腹が減る。飯テロを仕掛けたつもりが自爆中w~中華そば、つけ麺、背脂、辛、人気のラーメンを一挙に並べてみた

「ふくもり? どこですか?」 「昨日、せたが屋に行ってきて……。ふくもりですか? まだ行ったことないんですよぉ」 たまたま、最近こういう会話になることが続きまして。ああ、そうなんだ、と。学芸大学駅住人視点からすると、微妙 […]