「やきそば専門店 ぼんの」(学芸大学)のソース焼きそばは甘めでモッチリ。ガッツリしてるんだけど、しつこくないからどんどん食べ進められます。

学芸大学駅から徒歩2分、東急東横線の高架下・学大横丁に、2017年1月24日(たぶん)、「やきそば専門店 ぼんの」がオープンしました。うそかほんとか、世間はちょっとした焼きそばブームだそうで。ただ、詳細は後述しますが、同 […]

「手打ちそば やっこ」(学芸大学)の極細十割そばは瑞々しくて繊細。女主人は自身の名を屋号に掲げました。そこに職人としての覚悟を見た気がします~朴念仁、古拙、仁行。そば職人・石井仁氏の遺伝子を受け継ぐ水腰そばの店

学芸大学駅から徒歩3分。東口を出て右手、線路沿いを真っ直ぐ行き、笹崎ボクシングビルの角を曲がったところに、2016年12月17日、「手打ちそば やっこ」というそば屋がオープンしました。直前は「蕎滋庵」というそば屋だった物 […]

明薬通り沿いのそば屋「甲州屋」(三軒茶屋)のそばは香りがよく、トロトロに閉じられたカツ丼はパンチがあります。街は新しくなっても変わらず地域に愛され、まさに「近辺の人々賞翫す」でした。

三軒茶屋駅から徒歩10分弱。明薬通りの基点・世田谷警察署前交差点と世田谷観音交差点のほぼ中間あたりにあるそば屋「甲州屋」。ずっと気になっていて、今回、初めて行ってみました。 店内には4人掛けのテーブルが6席ほど。私が入っ […]

日高食品/日高本店の「ふく茶漬/ふぐ茶漬」はおいし過ぎて、お茶漬けだけで終わらすのがもったいないレベル。うどんやパスタにしてみたら、とんでもなくうまかった~ご飯に合うものはパスタ、うどん、パン、何にでも合う。これすなわち炭水化物等価交換の法則

山口県出身の子が地元へ帰った際、お土産にこんなものを買ってきてくれました。 日高食品/日高本店(山口県下関市)の「ふぐ茶漬」。さっそく頂いてみます。お湯かお茶を注ぐのですが、お湯にしました。お茶がなかったのでw うまっ。 […]

中央中通りにあるそば屋「大むら」(学芸大学・祐天寺)のトロリとしたカツ丼で丼物の奥深さ、店のこだわり・優しさを感じました

学芸大学駅・祐天寺駅から徒歩10分強。中央中通りにあるそば屋「大むら」。表から見ていると、いつも賑わっています。学芸大学界隈の人気そば店の内の一軒です。 店内にはテーブル席と小上がり。ちょうどお昼の12時でした。近所の奥 […]

そば屋「さかえや/栄屋」(武蔵小山・学芸大学)はまるで自宅のリビングのような居心地。笑顔が素敵なお母さんお手製のそばとカツ丼を頂いてきました

学芸大学駅から徒歩15分強。武蔵小山駅からは徒歩10分強。都道420号線から一本入ったところ、ファミリーマート 目黒本町三丁目店の近くに「さかえや(栄屋)」というおそば屋さんがあります。学芸大学駅方面から行くなら、ファミ […]

上馬交差点の「駒沢 そば蔵」は和食系の料理、しっかりとしたそばがおいしくて、丼のハーフセットがお得。子連れでも大勢でも利用しやすい居酒屋のようなそば屋でした

駒沢大学駅から徒歩5分強。環七と国道246号線が交わる上馬交差点のすぐ近くに「駒沢 そば蔵」というそば屋があります。 店内はとても広いです。手前はテーブル席、奥には座敷席とカウンターぽい席。確か土曜日か日曜日だったかな。 […]

「じゃじゃおいけん 三軒茶屋本店」のじゃじゃ麺は自分好みの味を探求する錬金術。麺と肉味噌をかき混ぜ、調味料を加え、卵を割り入れる一連の流れは、じゃじゃ麺に認めてもらうためのイニシエーションです

夜になっても収まり切らない二日酔いの体が濃厚な麺を欲します。そこで自転車を飛ばして「中華そば ふくもり」へ。けど……定休日。こうなりゃ意地です。「じゃじゃおいけん」まで行ってしまえ。 三軒茶屋駅から徒歩5分強。国道246 […]

「美かわ家」(学芸大学・祐天寺)のかき揚げ丼セット(もりそば)は味が濃い目なんですがおいしかったです。この濃さに老舗のたくましさを見ました

※追記:記事最後尾の後日談も併せてぜひ 学芸大学のそば屋「美かわ家」と「入船」は、実は道一直線上にある。単なる偶然でまったく無意味なつながりですが、そんなしょーもない発見をしてウヒヒとなるです。こんにちは。 というわけで […]

油面公園前「戸口畜産」(祐天寺・学芸大学)の揚げたてメンチカツとコロッケは衣ザックザクでハフハフ、ジューシー。最高でした。残りはあえてうどんにするという贅沢!

祐天寺駅から徒歩約10分。学芸大学駅からだと約15分。油面公園のすぐ近くに「戸口畜産」という精肉店があります。夕飯の材料を買いにやって来たのですが……。 あーあ。うまそうじゃん。ランキング好き日本人。人気No.1の自家製 […]