学芸大学の居酒屋「鳥勇(とりゆう)」は焼き鳥はもちろん一品料理もおいしい。カウンターも座敷もあって、人数や居酒屋経験を問わず誰もが笑顔になれる使い勝手のいいお店です。

学芸大学駅から徒歩1分。西口を出て「日高屋」の角を曲がるとすぐそこに居酒屋「鳥勇」があります。たまたま「おっぱいラーメン」で「鳥勇(とりゆう)」の話になりました。おお。そういや久しく行ってないな。しかもまだこのブ・・・

西小山の「豚゛太郎(どんたろう)」はもつ焼きもナス味噌も手打ちそばも信じがたいほどうまかった。グラタンは食べてないけど完全にやばいヤツです

西小山駅からだと「やきとん道場 三鶴」「市太郎」のある筋から果物屋「たなか」のある五叉路へ向かい、そのまま道なりに北西へずっと真っ直ぐ。学芸大学駅方面から行くのなら、円融寺通りを南下して、立会川緑道を越えた先、ひとつ目の・・・

「牛太郎」(武蔵小山)でブドー酒を飲みながらつまむモツは激安で激ウマだった~裸電球が照らし出す、ゆるやかな時の流れ

武蔵小山といえば再開発。10月いっぱい?11月いっぱい?で再開発地域は完全退去だそうです。ただ、これはまだまだ前哨戦。駅を挟むようにして北東方面へ、現再開発地域の3倍ほどの地域が平成31年まで再開発されていきます。・・・

「やきとん道場 三鶴(みつる)」(西小山)の串も煮込みも絶品で、老舗名店の実力を見せつけられた~さよなら、行きたかったよ、残念「いつもの処」「とりき」

目黒通りの目黒四中交差点から清水稲荷通りを下ります。居酒屋「いつもの処」へ行くために。え……。最近まであった看板が取り外されています。椅子が粗大ゴミとして表に出ています。まじかぁ。もっと早くに行っておけばよかった・・・

駒沢大学の居酒屋「京鴨(きょうがも)」で食べた椎茸肉詰めは、常連がいかにあるべきかを教えてくれました

「行きたい店リスト」なるものを作ってます。ズラリと並んだ飲食店名。行ったらバツをつけていくわけですが、バツがつくよりも追加される店の方が多く、リストはどんどん膨れ上がっていきます。嗚呼、果てなき酒・食の道――。その日・・・

学芸大学の老舗「大衆酒蔵 浅野屋」で過ごした何気ない夕刻~私的居酒屋流儀

※追記:「浅野屋」は2016年6月30日に閉店しました。追記以上学芸大学でもっとも有名な居酒屋は、もしかしたら「大衆酒蔵 浅野屋」かもしれません。テレビや雑誌でも取り上げられていますし、吉田類氏も訪れています。・・・

学芸大学の名店「久慈川」がなぜ長年愛され続けているか、その理由が垣間見えた親子ゲンカ

学芸大学で"有名な"居酒屋をあえて挙げるとすれば、浅野屋と久慈川でしょうか。どちらも歴史があり、吉田類氏が訪れているし、著名人もよく来る(来ていた)し。今回うかがったのは「久慈川」です。三度目か四度目かな? 扉を・・・

三軒茶屋の老舗居酒屋「味好亭(みよしてい)」にはすべてがそろっています。そしてすべてが正解です

三軒茶屋のピカソと三菱東京UFJ銀行の間の筋、なかみち通り。国道246号線と世田谷通りで作られる"三角地帯"の底辺にあたり、数多くの飲食店が軒を連ねています。なかみち通りにある「味好亭(みよしてい)」は創業50年・・・

「田舎料理 あきた」(西小山・武蔵小山)の女将さんの温かい気遣いが、名店を老舗にする

よさげな居酒屋はないかとフラフラしていてら……。こんな店を発見しました。居酒屋好きの心をくすぐる素晴らしい外観。入らざるを得ません。西小山駅、武蔵小山駅から徒歩15分弱。学芸大学駅からは20分ほど。円融寺通り・・・

日本酒と焼鳥がうまい老舗「立花」(祐天寺/学芸大学)で消化不良/「床島」のお知らせ

駒沢通りと目黒通りを結ぶ中央中通り。何気に飲食店がいろいろある商店街です。この商店街に店を構えて約50年、昭和42年創業の焼鳥屋「立花」にお邪魔しました。ネットで調べた情報では17:00オープンとなっていたので、・・・