「神輿を担ぎたい!どうすれば?」碑文谷八幡宮 秋季例大祭を例に、”はじめての神輿”をQ&A形式で解説~神輿の現実、神輿会、神輿を通じた地域社会へのコミット

「神輿(みこし)を担いでみたいな。どうすればいいんだろう」この記事はそんな方へ向けたQ&Aを中心とした記事です。私は東京都の学芸大学駅界隈に住んでいるので、界隈の一番大きな祭り「碑文谷八幡宮 秋季例大祭」(向原西・・・

「花善(はなぜん)」(学芸大学)はオシャレなフラワーアレンジメントで人気のお花屋さん。誕生日、結婚祝い、開店祝い、周年祝いと、さまざまなシーンで利用されています

学芸大学駅から徒歩3分。西口商店街沿いに「花善(はなぜん)」という花屋があります。花屋と言っても、鉢植え類があるような花屋ではなく、フラワーアレンジメントがメインです。創業はいつ頃でしょうね。とてもオシャレなので最近・・・

お米屋さん「愛米家本舗(あいまいやほんぽ)」(学芸大学)のおにぎりは米一粒一粒がしっかりしていて、握り加減、味付けも絶妙。おいしすぎて一瞬で食べきってしまいました~カブトエビ農法について聞いてみた

学芸大学駅から徒歩15分弱。中央中通り、清水商店会の南端近くに「愛米家本舗(あいまいやほんぽ)」というお米屋さんがあります。店頭に「カブトエビ農法米」というのぼりが立っていて、前を通るたび、いっつも「何だろう」と・・・

「さんまるしぇ(Sun Marche)」(学芸大学)はパンや焼菓子がいっぱいある福祉ショップ。アマンディーヌ(下目黒福祉工房)がとんでもなくおいしかった。

学芸大学駅から徒歩15分弱。目黒通りの目黒四中交差点に「さんまるしぇ(Sun Marché)」という福祉ショップがあります。2011年6月25日にオープンしました。店名は落語「目黒のさんま」とフランス語で「市場」を意・・・

「モンゴメリー」(学芸大学)の豚骨醤油ラーメンは時に優しくて柔らかく、時にガッツリ濃厚。スウィングする「モンゴメリー」のラーメンは幾度食べても飽きが来ないので、学大住人は必ずリピートしてしまうのです

学芸大学駅から徒歩1分。東口正面にある八百屋「ボラボラ」の脇の細い路地を道なりに進むと「モンゴメリー」というラーメン屋さんがあります。学芸大学でも屈指の人気ラーメン店です。私は幾度か食べていますが、今回はまだ食べたこ・・・

焼肉屋「ニクアザブ 学芸大学店(NIKUAZABU)」はいろいろな種類の肉が少しずつ食べられるコースがお得。一人でも利用できて、女性にも人気です。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街、三菱東京UFJ銀行、ガストのある角を右折した先に「ニクアザブ 学芸大学店(NIKUAZABU)」という焼肉屋があります。2017年7月16日にオープンしました。1984年、西麻・・・

大山鶏、大山どり、大山地鶏、大山地どりは全部違うというややこしさ!誤解・虚偽だらけの大山(地)鶏について、ブロイラー、銘柄鶏、地鶏の違いと共に具体例を交えまとめてみました(読むの疲れます!w)

鳥取県のマスコットキャラクター・トリピーの特別バージョン・にわトリピー大山鶏、大山どり、大山地鶏、大山地どり、大山軍鶏、大山シャモ。これらはすべて違うものです。よくありがちだと思われる誤解は次のようなパターンです。・・・

「養老乃瀧 学芸大学店」は刺身を始めとするオリジナルメニューが豊富。コスパ、クオリティ、接客、すべてが見事で、フランチャイズ居酒屋の理想形です。いや、一軒の居酒屋として素晴らしいです。

「えー? 養老乃瀧?w」そういうあなたにこそ、ぜひ読んで頂きたい。ぜひ行って頂きたい。学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街沿いのビルの2階にある「養老乃瀧 学芸大学店」。創業29年という老舗です。ことあるご・・・

「SAL Y AMOR(サル イ アモール)」(代官山)はパエリヤが絶品のビブグルマンにも選ばれたアロセリア(お米料理専門店)。絶妙な塩使いでアヒージョもオムレツも激ウマ!

代官山駅から徒歩5分。八幡通り沿いにあるスペイン料理店「SAL Y AMOR(サル イ アモール)」。駅からだと、北口を出て橋を渡り、代官山アドレスを抜けて行くように向かうと楽だと思います。「塩と愛情」を意味する・・・

学芸大学の「ばりき屋」は刺身とおでんがウリの和食居酒屋で、ダシのきいた料理はどれも絶品。グッと距離を詰めるインファイトな接客に、客も思わず釣られて元気になります

学芸大学駅から徒歩1分。東口の恭文堂書店を右折した先、飲食店が建ち並ぶ筋の突き当りに「ばりき屋」というお店があります。2017年8月3日にオープンしました。オープンする数週間前、内装工事中の店頭で、たまたま店主と・・・